宮城県図書館ボランティアについて

宮城県図書館のボランティア制度がスタートしたのは平成10年3月。宮城県図書館が紫山に移転してきたことを機に制度が始まりました。

制度のスタート時から現在まで、宮城県図書館内では様々な場所でたくさんのボランティアの皆さまにご活躍いただいています。当ページでは、その活動内容をご紹介します。

書架整理(一般図書)

3階の一般書架で、返却本などを書架に戻し、整理する仕事をしていただいています。図書館の資料は日本十進分類法(NDC)という、図書館共通の規則によって並べられていますが、このような専門的な知識や資料整理のルールなども研修等を通して習得できるようになっています。本を正しい場所に戻して、日々利用者が利用しやすい環境づくりにご協力いただいています。

 

 

書架整理(児童図書)

2階のこども図書室で、返却本などを書架に戻し、整理する仕事をしていただいています。一般図書と同様に日本十進分類法(NDC)に従って並んでいるほか、児童図書には絵本や紙芝居など当館独自の特殊な分類方法が使われています。それらのルールに従って,利用者の皆さんが本を手に取りやすい環境づくりにご協力いただいています。

 

書架整理(視聴覚資料)

1階の音と映像のフロアで、返却されたビデオ、CD、DVDなどを戻し、整理する仕事をしていただいています。視聴覚資料でも分類法などは共通した知識ですが、資料の形態によって他では使われていない記号が使われています。これらを利用者が探しやすいように、正しい場所に戻し、整理する役割を担っていただいています。

16mm映画フィルム点検

宮城県図書館では2000点以上の16mm映画フィルムを所蔵しています。年数が経っているものが多く、劣化の進んでいる資料が少なくありません。一点一点の状態を確認し、長期保存ができるようにしていただいています。また、16mm映画フィルム上映会などイベント開催にもご協力いただいています。

 

市町村図書館協力

1階の事務室で、協力便の発送・開梱作業のお手伝いをしていただいています。協力便とは、市町村図書館と貸出資料・返却資料のやりとりをすることで、毎週水曜日に市町村図書館等への貸出資料の梱包・発送、毎週金曜日に市町村図書館等からの返却資料の開梱を行っており、その作業に参加していただいています。

 また、金曜日に活動していただいている方々には、1階の地域情報発信コーナーで、ポスターの掲示や配布チラシの整理等、環境整備も行っていただいています。

 

 

 

図書館案内

2階の展示室で、受付や案内などを担当していただいています。展示室では本館所蔵の貴重資料などをテーマとした特別展や、職員が作成し行う企画展を行っており、展示内容が変わるたびにその都度内容に関する研修に参加いただき、来場者への丁寧なガイドを行っていただいています。また、館内全般に対するお問い合わせにも対応していただいています。

 

音訳

目の不自由な方を対象に、直接資料を読む対面音訳、電話での音訳、テープやCDへの録音などを行っていただいています。音訳とは、活字を音声に置き換えることです。録音作業では当館発行の広報誌『ことばのうみ』や、地域情報などを紹介する『声の情報誌』を録音資料にしていただいています。

 

 

 

 

当館のボランティア活動に関するお問い合わせ

 企画協力班

 TEL 022-377-8444  

 FAX 022-377-8484

 E-mail kikaku(at)library.pref.miyagi.jp ※(at)は半角記号の@に置き換えてください。

宮城県図書館

〒981-3205

宮城県仙台市泉区紫山1-1-1

TEL:022-377-8441(代表) 

FAX:022-377-8484

kikaku(at)library.pref.miyagi.jp ※(at)は半角記号の@に置き換えてください。