読み聞かせについて(大人の方向け)

<読み聞かせは子どもの心の栄養です>

 

 大好きなお父さん、お母さんのひざの上で絵本を読んでもらうことは、子どもにとってかけがえのない大切なひとときです。
「本を読む」ことは、より豊かな言語表現を身につける上でとても大切なことです。小さい頃から本に親しむ時間を持ち、ことばの種をたくさんまきたいものですね。

 

読み聞かせに決まった形はありません
たくさんの家庭があるように、読み聞かせにも家庭それぞれの形があります。子どもと親が毎日少しずつ行うことによって自然とやり方も定着してくるはずです。まずは時間や場所など気にせず絵本を開いて見ましょう。

 

読み聞かせは親子のコミュニケーションです
読み聞かせは読み手の一方的な活動ではありません。聞き手(子ども)は読み手の言葉の響きを体全体で聴き取りながら絵を見ることによって目の動きや息遣いなど、 体全体で多くのサインを出しているのです。絵本を読むことを仲立ちにしてコミュニケーションをはかり、 心を共有していくことが大切です。

 

一緒に過ごす時間を大切にしましょう
一番大切なことは読む技術や絵本の内容ではなく、親や子どもが心を込めて読むことなのです。そして、親自身も絵本の世界を楽しみ、親子が一緒に過ごすひとときを大切にしましょう。



宮城県図書館

〒981-3205

宮城県仙台市泉区紫山1-1-1

TEL:022-377-8441(代表) 

FAX:022-377-8484

kikaku(at)library.pref.miyagi.jp ※(at)は半角記号の@に置き換えてください。