第95号(2013年6月30日号)

目次

英詩の詩的許容(Poetic licence)について

<質問>

英詩の詩的許容(Poetic licence)とはどのようなものですか。

詩的許容について書かれている資料はありますか。

  

<回答>

当館所蔵の下記資料に記載がありました。

 

資料1 『世界文学大事典』編集委員会編『集英社世界文学大事典 第5巻』集英社, 1997

p.349に「詩的許容」の項目があります。以下に引用いたします。

「詩的許容(Poetic licence) ジョン・ドライデンの定義によれば,「詩においては, 散文の厳格な範を越えることがらを語ってかまわないという,時代を問わず,享受すべき当然の権利と詩人が見なしてきた自由」であり, 詩的効果のためには,語順,語彙,韻律,論理などにおいて,標準からの逸脱すなわち破格が許容されることを指す。(後略)」

  

資料2 ジェフリー・N・リーチ著 ; 島岡丘, 菅野弘久共訳『英詩鑑賞 : 言語学からの洞察』リーベル出版, 1994

pp.41-63に第3章「詩的許容の多様性」という項目があります。

 

<回答日>

2008/6/22

 

↑目次にもどる

 

「すずかけのみち」の歌詞

<質問>

「すずかけのみち」という歌の歌詞が載っている資料はありますか。

 

<回答>

歌謡曲「鈴懸の径」の歌詞が掲載されている資料は以下の通りです。

資料1 古茂田信男[ほか]編『日本流行歌史 中 新版』社会思想社, 1995

p.169(昭和十七年)「鈴懸の径 詞 佐伯孝夫 曲 灰田晴彦」

 

資料2 全音楽譜出版社出版部編『全音歌謡曲全集 第2巻』全音楽譜出版社, [19--]

p.175に歌詞および楽譜が掲載されています。

 

<回答日>

2008/10/31

 

↑目次にもどる

ご利用にあたって

■レファレンス事例は、質問者のニーズ、サービス提供時の状況によって回答内容が異なる場合があります。事例はあくまで過去のサービスの記録であり、新しい情報源の登場により、内容必ずしも適切でなくなることもあります。ご利用にあたっては、この性格を十分にご理解いただいた上で、有効にご活用ください。

※なお、この「レファレンス事例集」について無断転載はご遠慮ください。この事例集へのリンクを貼ることおよび図書館等でプリントアウトし活用することについて許諾は不要です。

レファレンス協同データベースの紹介

宮城県図書館のレファレンス事例は国立国会図書館レファレンス協同データベースにも登録しておりますのでご利用ください。次の検索窓から検索していただくこともできます。

レファレンス協同データベースは、全国の公共図書館・大学図書館・専門図書館等と協同で構築しているレファレンス事例のデータベースです。

宮城県図書館提供事例をフリーワードで探す(キーワードを入力しない場合は一覧表示されます)

※検索結果以降はレファレンス協同データベース内に遷移します。宮城県図書館のサイトに移動したい場合は、お使いのブラウザの「戻る」ボタンをご使用ください。

宮城県図書館

〒981-3205

宮城県仙台市泉区紫山1-1-1

TEL:022-377-8441(代表) 

FAX:022-377-8484

kikaku(at)library.pref.miyagi.jp ※(at)は半角記号の@に置き換えてください。