第91号(2013年4月30日号)

目次

侍帳の所蔵について

<質問>

宮城県図書館で所蔵する「侍帳」について知りたい。

 

<回答>

1 「侍帳」について

当館には「侍帳」というタイトルを持つ資料が数点あり,これらの侍帳は「御知行牒」を外題に持つことが多いようです。

資料1 『侍帳』 寛文2年4月20日 下

資料2 『侍帳』 寛文10年8月7日 上

資料3 『侍帳』 寛文10年8月7日 中

資料4 『侍帳』 寛文10年8月7日 下

資料5 『御知行牒 1』 (寛文5年)

資料6 『御知行牒 4』 (寛文10年)

資料7 『御切米御扶持方牒 [1]』 寛文十年八月七日

資料8 『御切米御扶持方牒 [2]』 寛文十年八月七日

上記の資料はいずれも仙台市博物館所蔵の史料の写しを製本したものです。

従って,活字の資料ではなく,索引が付されているものでもありません。

 

2 参考

仙台藩伊達家の家臣録としてよく利用される資料には,次のようなものがありますのでご紹介します。

資料9 『仙台藩家臣録』1-5,索引 歴史図書社, 1975

 ※「御知行被下置御帳」を翻刻した資料。

資料10 『伊達世臣家譜 1巻-3巻』宝文堂, 1975

資料11 『伊達世臣家譜続編 1巻-4巻』宝文堂出版, 1978

 

<回答日>

2008/9/27

 

↑目次にもどる

厳美渓の貞山桜について

<質問>

厳美渓に貞山桜と呼ばれる2キロほど続く桜並木がある。伊達政宗が桜を植えたらしい。桜を植えた理由の記載のある資料を探している。

 

<回答>

下記の資料に記述がありました。

一関市史編纂委員会編『一関市史 第5巻』一関市, 1975【K272/イ3/5】

p.151 「一関地方では,厳美渓にみられる貞山桜もこのエドヒガンで,現在4本残っているがかなり枯損している。伊達政宗が「松島と厳美渓を我が領土の二大景勝地として,好んで厳美渓に遊び,その際サクラ千本を植えられ,政宗公の雅号をとり貞山桜と呼んでいる」といわれているものの名残りで樹齢350年を越えていると思われ,目通り周囲が3m50cmに及んでいる。」

 

<回答日>

2009/1/14

 

↑目次にもどる

ご利用にあたって

■レファレンス事例は、質問者のニーズ、サービス提供時の状況によって回答内容が異なる場合があります。事例はあくまで過去のサービスの記録であり、新しい情報源の登場により、内容必ずしも適切でなくなることもあります。ご利用にあたっては、この性格を十分にご理解いただいた上で、有効にご活用ください。

※なお、この「レファレンス事例集」について無断転載はご遠慮ください。この事例集へのリンクを貼ることおよび図書館等でプリントアウトし活用することについて許諾は不要です。

レファレンス協同データベースの紹介

宮城県図書館のレファレンス事例は国立国会図書館レファレンス協同データベースにも登録しておりますのでご利用ください。次の検索窓から検索していただくこともできます。

レファレンス協同データベースは、全国の公共図書館・大学図書館・専門図書館等と協同で構築しているレファレンス事例のデータベースです。

宮城県図書館提供事例をフリーワードで探す(キーワードを入力しない場合は一覧表示されます)

※検索結果以降はレファレンス協同データベース内に遷移します。宮城県図書館のサイトに移動したい場合は、お使いのブラウザの「戻る」ボタンをご使用ください。

宮城県図書館

〒981-3205

宮城県仙台市泉区紫山1-1-1

TEL:022-377-8441(代表) 

FAX:022-377-8484

kikaku(at)library.pref.miyagi.jp ※(at)は半角記号の@に置き換えてください。