第57号(2011年11月30日号)

目次

護良親王の石巻伝説について

<質問>

護良親王の石巻伝説(護良親王が幽閉されていた時に実は殺されておらず、亡くなるまで石巻にかくまわれていた。親王をまつり建てられたのが「一皇子神社」であるという伝説)に関する資料はありますか。

 

<回答>

1 護良親王の石巻伝説について

以下の資料に記述がありました。ただし,文中の「淵辺」「渕辺」の表記については原文のままです。

資料1 石巻市史編さん委員会編. 『石巻の歴史 第1巻』石巻市史編さん委員会(石巻市, 1996年)

pp.511-513「多福院板碑と葛西氏」の項

「(前略)淵辺氏をめぐる伝承とは、この淵辺氏は牡鹿湊の領主で、「御所入」の付近にある「淵辺屋敷」という地が淵辺氏の居館であった。淵辺義博は、護良親王から子の弥四郎が命を助けられたこともあって、親王の恩義に深く感じていた。そこで実は、親王を殺さず、ひそかに鎌倉を逃れて牡鹿湊の地をお隠れの里とした。その地が「御所入」であった。(中略)しかし、親王は永い間土牢に閉じ込められていたため健康を害し、建武二年十一月に湊の地でなくなり、塚をつくって葬った。後年この小祠を建て親王をまつった。それが「一皇子神社」である。(後略)」

 

資料2 『石巻まるごと歴史探訪』石垣 宏[ほか](ヨークベニマル, 2000年)

pp.48-49「護良親王伝説と一皇子神社」の項

「(前略)石巻に残る護良親王伝説では、殺害を命じられた渕辺義博は、恐れ多いと考えて自分の領地(相模原市)に一時匿まい、部下として渕辺・日野・日下・平塚・福原・遠山・高橋ら七名と共に船で牡鹿湊につき、桜川の河口から上陸、南朝方の葛西氏に保護されたとみられます。再起を機したのですが、病を得て、正平元年(一三四六)に亡くなったのです。この護良親王を祀ったのが一皇子神社です。(後略)」

 

資料3「奥羽観蹟聞老志」巻之九 牡鹿郡のうち「吉野先帝ノ御墓」の項

『仙台叢書 第15巻』(宝文堂出版販売, 1972年)pp.373-375 所収

 

資料4「奥羽観蹟聞老志」補修篇巻之九 牡鹿郡のうち「御所ノ曲隈」の項

『仙台叢書 第16巻』(宝文堂出版販売, 1972年)pp.321-322所収

資料3・4は「奥羽観蹟聞老志」の翻刻(活字本)となっています。底本と解題は巻頭に収録されています。

 

※「奥羽観蹟聞老志」について

資料5『日本歴史地名大系 4 宮城県の地名』(平凡社, 1987年)

p.721「奥羽観蹟聞老志」の項に以下の記述があります。

「奥羽観蹟聞老志 20巻20冊 佐久間洞巌著 成立享保4年 写本宮城県図書館ほか

解説 四代藩主綱村の命により作成された地誌。領内をくまなく踏査し、宝永四年その草稿を焼失するが、なお書継いだ。名蹟・故事・社寺などを和歌・物語・伝説などによって浮彫にし、単なる地誌的記述に終わらず、領内の歴史・伝承や文化的遺産を明らかにしようとしている。藩撰地誌の嚆矢。活字本 仙台叢書別巻三・四」

 

<回答日>

2011/8/24

 

↑目次にもどる

沖縄県を舞台とした小説について

<質問>

沖縄県を舞台とした小説を探しています。

 

<回答>

1 沖縄に関する文学作品について

 

資料1『ふるさと文学館 第54巻』ぎょうせい, 1994

第54巻「沖縄」

「亀甲墓 実験方言をもつある風土記」大城立裕著 ほか58作品が収録されています。

 

資料2 沖縄文学全集編集委員会編『沖縄文学全集 第6巻』国書刊行会, 1993

『沖縄文学全集』全20巻のうち,第6巻から第9巻は「小説I~IV」となっています。

「鶴岡という男」山城正忠著ほか63点の作品が収録されています。

 

資料3 森岡 健二『沖縄の文学』東海大学出版会, 1971

沖縄の文学について解説があり,巻末には年表・文献目録・言語資料・索引等があります。

 

資料4 仲程 昌徳『沖縄の文学』沖縄タイムス社, 1991

東京で刊行された文芸雑誌を対象に,昭和2(1927)年から昭和20(1945)年までの間の沖縄出身者による詩・小説・エッセー等について解説が収録されています。

 

<回答日>

2011/8/30

 

↑目次にもどる

ご利用にあたって

■レファレンス事例は、質問者のニーズ、サービス提供時の状況によって回答内容が異なる場合があります。事例はあくまで過去のサービスの記録であり、新しい情報源の登場により、内容必ずしも適切でなくなることもあります。ご利用にあたっては、この性格を十分にご理解いただいた上で、有効にご活用ください。

※なお、この「レファレンス事例集」について無断転載はご遠慮ください。この事例集へのリンクを貼ることおよび図書館等でプリントアウトし活用することについて許諾は不要です。

レファレンス協同データベースの紹介

宮城県図書館のレファレンス事例は国立国会図書館レファレンス協同データベースにも登録しておりますのでご利用ください。次の検索窓から検索していただくこともできます。

レファレンス協同データベースは、全国の公共図書館・大学図書館・専門図書館等と協同で構築しているレファレンス事例のデータベースです。

宮城県図書館提供事例をフリーワードで探す(キーワードを入力しない場合は一覧表示されます)

※検索結果以降はレファレンス協同データベース内に遷移します。宮城県図書館のサイトに移動したい場合は、お使いのブラウザの「戻る」ボタンをご使用ください。

宮城県図書館

〒981-3205

宮城県仙台市泉区紫山1-1-1

TEL:022-377-8441(代表) 

FAX:022-377-8484

kikaku(at)library.pref.miyagi.jp ※(at)は半角記号の@に置き換えてください。