第31号(2010年7月30日号)

目次

方言「てそずらしい」の意味について

<質問>

宮城県仙南地方の方言で「てそずらしい」の意味を知りたい。

 

<回答>

『角田の方言』

p.61に次のように記載されています。

「テソズラすい 物珍しさに手を出していじりたがる様子に用いられる。(略)」

 

『仙台方言辞典』

p.237に次のように記載されています。

「テソずラしい(形) 子どもなどが物めずらしさに、手を出すさま。(略)」

 

『仙台の方言』

p.156に次のように記載されています。

「てそづらしい 形  かるがるしく目に触れるものに手をかけ、いたづらする。(略)」

 

<参考資料>

『角田の方言』角田市郷土資料館編(角田市教育委員会 1994年)

『仙台方言辞典』浅野建二編(東京堂出版 1985年)

『仙台の方言』土井八枝著(春陽堂 1938年)

 

<回答日>

2008/9/2

 

↑目次にもどる

日本陸軍の「看病人」という役職について

<質問>

明治時代、日本陸軍の「看病人」という役職についてその階級を知りたい。

 

<回答>

『陸軍衛生制度史』

pp.324-349 第四編 第五章「看護制度」において、『看病人』についての記述があります。

 

『近代史史料陸軍省日誌 第6巻』に次の記述があります。

p.350 下段 明治十二年 第十九号 六月ニ十四日の日誌中「本病院へ達書」の項目内に記述があります。

p.420 明治十二年第二九号に「陸軍武官官等表」があり、「軍医部下士」に一等から三等の『看病人官位』の記載があります。

 

<参考資料>

『陸軍衛生制度史』陸軍軍医団編(小寺昌 1913年)

『近代史史料陸軍省日誌 第6巻』朝倉治彦編(東京堂出版 1988年)

 

<回答日>

2008/7/2

 

↑目次にもどる

ご利用にあたって

■レファレンス事例は、質問者のニーズ、サービス提供時の状況によって回答内容が異なる場合があります。事例はあくまで過去のサービスの記録であり、新しい情報源の登場により、内容必ずしも適切でなくなることもあります。ご利用にあたっては、この性格を十分にご理解いただいた上で、有効にご活用ください。

※なお、この「レファレンス事例集」について無断転載はご遠慮ください。この事例集へのリンクを貼ることおよび図書館等でプリントアウトし活用することについて許諾は不要です。

レファレンス協同データベースの紹介

宮城県図書館のレファレンス事例は国立国会図書館レファレンス協同データベースにも登録しておりますのでご利用ください。次の検索窓から検索していただくこともできます。

レファレンス協同データベースは、全国の公共図書館・大学図書館・専門図書館等と協同で構築しているレファレンス事例のデータベースです。

宮城県図書館提供事例をフリーワードで探す(キーワードを入力しない場合は一覧表示されます)

※検索結果以降はレファレンス協同データベース内に遷移します。宮城県図書館のサイトに移動したい場合は、お使いのブラウザの「戻る」ボタンをご使用ください。

宮城県図書館

〒981-3205

宮城県仙台市泉区紫山1-1-1

TEL:022-377-8441(代表) 

FAX:022-377-8484

kikaku(at)library.pref.miyagi.jp ※(at)は半角記号の@に置き換えてください。