第24号(2010年4月15日号)

目次

「ペーターカメンチンド」の作家

<質問>

スイスに住んでいた「ペーパーカメンチンド」という作品を書いた作家を教えて欲しい。またその作品の日本語の題名を教えて欲しい。

 

<回答>

ヘルマン・ヘッセ(Hesse Hermann) の作品に「ペーター・カーメンツィント(Peter Camenzind)」という作品がある。日本語の題名は『郷愁』または『青春彷徨』となっている。

『集英社世界文学大事典 3』のpp.951-954にヘルマン・ヘッセの項目があり、「ペーター・カーメンツィント(Peter Camenzind)」のあらすじがある。ヘルマン・ヘッセについては、ドイツ人作家として説明があるが、「スイスのバーゼルで幼年時代を過ごした」との記載がある。

『翻訳図書目録 45/76 3』の「Hesse,Hermann」の項目には、『青春彷徨(ペーター・カーメンチンド)』『郷愁-ペーター・カーメンツィント』として記載がある。

 

<参考図書>

『集英社世界文学大事典 3』(集英社 1997)

『翻訳図書目録 45/76 3』(日外アソシエーツ株式会社編集 1991)

 

<回答日>

2008/6/8

 

↑目次にもどる

伊達家の騎馬鉄砲隊

<質問>

伊達家の騎馬鉄砲隊について何か資料があるか。

 

<回答>

以下の資料に、伊達家の騎馬鉄砲についてまとまった記載がある。

(1)野崎準「東国武士の技術文化」『東北学院大学東北文化研究所紀要』24号(1992.8), pp.39-46

(2)野崎準「東北戦国武者の技術文化-東国武士の技術文化 補遺」『東北学院大学東北文化研究所紀要』37号(2005.11), pp.109-119

(3)菅野利夫「戦国期伊達氏の鉄砲戦について 天正年間を中心に」『六軒丁中世史研究』2号(1994.6), pp.15-21 この論文p.20に「『治家記録』を検討することにより天正年間初期には鉄砲隊があり、同十六年頃には生産技術も確立していたらしい事が窺われる。」とある。

 

<回答プロセス>

「宮城県内公共図書館所蔵郷土関係論文目録検索」を用い、タイトル等に「鉄砲」「騎馬」等で検索。

 

<回答日>

2008/2/24

 

↑目次にもどる

ご利用にあたって

■レファレンス事例は、質問者のニーズ、サービス提供時の状況によって回答内容が異なる場合があります。事例はあくまで過去のサービスの記録であり、新しい情報源の登場により、内容必ずしも適切でなくなることもあります。ご利用にあたっては、この性格を十分にご理解いただいた上で、有効にご活用ください。

※なお、この「レファレンス事例集」について無断転載はご遠慮ください。この事例集へのリンクを貼ることおよび図書館等でプリントアウトし活用することについて許諾は不要です。

レファレンス協同データベースの紹介

宮城県図書館のレファレンス事例は国立国会図書館レファレンス協同データベースにも登録しておりますのでご利用ください。次の検索窓から検索していただくこともできます。

レファレンス協同データベースは、全国の公共図書館・大学図書館・専門図書館等と協同で構築しているレファレンス事例のデータベースです。

宮城県図書館提供事例をフリーワードで探す(キーワードを入力しない場合は一覧表示されます)

※検索結果以降はレファレンス協同データベース内に遷移します。宮城県図書館のサイトに移動したい場合は、お使いのブラウザの「戻る」ボタンをご使用ください。

宮城県図書館

〒981-3205

宮城県仙台市泉区紫山1-1-1

TEL:022-377-8441(代表) 

FAX:022-377-8484

kikaku(at)library.pref.miyagi.jp ※(at)は半角記号の@に置き換えてください。