第21号(2010年2月28日号)

目次

伊達政宗の遺訓「仁義礼智信」1

<質問>

伊達政宗の遺訓で「仁義礼智信」というようなものを聞いたことがある。このことについて詳しくわかる資料はあるか。

 

<回答>

以下の関連記載がある資料を紹介する。

 

『伊達政宗』p.319に「五常訓」が記載されている。

「仁に過ぎれば弱くなる。義に過ぎれば固くなる。礼に過ぎれば諂い(へつらい)となる。智に過ぎればうそをつく。信に過ぎれば損をする。気永く心穏やかに萬に倹約を用い金を備ふべし(後略)」

 

『要説宮城の郷土誌』p.168~に所収されている「「五常訓」は政宗の作かどうか」によれば,「五常訓と称せられるものについては、伊達氏に関する記録文書のどれにも、根拠となるものが見当たりません(略)」とある。

 

『仙台市史 第1巻』p.318~「「仁に過ぐれば」云々の謂わゆる貞山様遺訓なるものは、恐らく政宗の作ではないとの説(略) 源氏耳袋が編まれた幕末の頃までは、貞山公遺訓なるものはなかったと説かれた」とある。

 

<回答プロセス>

最初、言行録など案内したが記載がなかった。インターネット検索で「政宗 仁 礼」で検索したところ「五常訓」「貞山公(様)遺訓」の言葉をみつけた。そこから再度所蔵検索を行った。

 

<参考資料>

『伊達政宗』(渡部義顕 伊達政宗刊行会 1934)

『要説宮城の郷土誌』(仙台市民図書館 宝文堂 1983)

『仙台市史 第1巻』(仙台市史編纂委員会 仙台市 1954)

 

<回答日>

2008/2/14

 

↑目次にもどる

「レンゲ」の名前の由来

<質問>

中華料理を食べるときに使う「レンゲ」は、なぜ「レンゲ」というのか。

 

<回答>

「レンゲ」は通称であり、もともとは「散蓮華(チリレンゲ)」と言う。形が散った蓮の花の形に似ていることが名前の由来となっている。

 

<回答プロセス>

『広辞苑』『日本国語大辞典』ではいずれも「レンゲ」は蓮華草についてのみ記載がある。『中国食文化事典』のp.251「匙子」の項目に「湯匙(調羹)は、ちりれんげをいう。」と記載があり、あらためて「ちりれんげ」で調査したところ、下記資料にそれぞれ説明があった。

 

『衣食住語源辞典』p.208「ちりれんげ:匙の形が散ったハスの花弁の形ににているところから出たもの」

 

『広辞苑 [2]』p.1845「ちり-れんげ(散蓮華):散った蓮華の花弁に似た形の陶製の匙。れんげ」

 

『日本国語大辞典 第9巻』p.164「ちり-れんげ(散蓮華):散った蓮の花に形が似ているところから柄の短い、小さな陶製もしくは金属製のさじ。れんげ」

 

<参考資料>

『衣食住語源辞典』(吉田 金彦 東京堂出版 1996)

『広辞苑 [2]』(新村出編 岩波書店 2008)

『日本国語大辞典 第9巻』(小学館国語辞典編集部 小学館 2001)

『中国食文化事典』(木村 春子[ほか] 角川書店 1988)

 

<回答日>

2008/5/6

 

↑目次にもどる

ご利用にあたって

■レファレンス事例は、質問者のニーズ、サービス提供時の状況によって回答内容が異なる場合があります。事例はあくまで過去のサービスの記録であり、新しい情報源の登場により、内容必ずしも適切でなくなることもあります。ご利用にあたっては、この性格を十分にご理解いただいた上で、有効にご活用ください。

※なお、この「レファレンス事例集」について無断転載はご遠慮ください。この事例集へのリンクを貼ることおよび図書館等でプリントアウトし活用することについて許諾は不要です。

レファレンス協同データベースの紹介

宮城県図書館のレファレンス事例は国立国会図書館レファレンス協同データベースにも登録しておりますのでご利用ください。次の検索窓から検索していただくこともできます。

レファレンス協同データベースは、全国の公共図書館・大学図書館・専門図書館等と協同で構築しているレファレンス事例のデータベースです。

宮城県図書館提供事例をフリーワードで探す(キーワードを入力しない場合は一覧表示されます)

※検索結果以降はレファレンス協同データベース内に遷移します。宮城県図書館のサイトに移動したい場合は、お使いのブラウザの「戻る」ボタンをご使用ください。

宮城県図書館

〒981-3205

宮城県仙台市泉区紫山1-1-1

TEL:022-377-8441(代表) 

FAX:022-377-8484

kikaku(at)library.pref.miyagi.jp ※(at)は半角記号の@に置き換えてください。