第10号(2009年8月30日号)

目次

国際ATDカールモンド運動(創設者ジョゼフ・ヴレジンスキィ 1917~88)のATDは何の略称か

<質問>

国際ATDカールモンド運動(創設者ジョゼフ・ヴレジンスキィ 1917~88)のATDは何の略称か。

 

<回答>

Aide a Toute detresse(フランス語)(あらゆる窮迫状態への支援)

 

<回答プロセス>

カールモンド(Quart Monde)はフランス語で第4世界(Fourth World)・労働者階級のこと。 ATD Fourth Worldのホームページに次のようにあった。 「"Aide & agrave Toute D & eacute tresse"-Help for All Distress- was the first name of the association.」 また、『現代フランス情報辞典』にもATD(恵まれない人のためのNGO組織)「Aide a Toute detresse pour le quart monde」とあった。

 

<参考資料>

『現代フランス情報辞典』(草場安子 大修館書店 2003)

ATD Fourth Worldホームページ http://www.atd-quartmonde.org/accueil-uk.html(最終アクセス日は2005/12/24)

 

<回答日>

2005/12/24

 

↑目次にもどる

「米人宣教師ベーリー」の原綴り、生没年等を知りたい

<質問>

『新犬棒録』(宇野量介 仙台一高「じっかい」出版会 1993)p.3下段文末より2行目「米人宣教師ベーリー」とあるが名前の原綴り、生没年等を知りたい。

 

<回答>

氏名原綴:REV.M.BUCKWORTH BAILEY 1870年当時の住所:横浜外国人居留地第101(番地)  職業:H.B.M's Consular Chaplain. 底本:『Japan Herald Directory and Hong List for Yokohaka 1870』生没年については当館所蔵書では不明。

 

<回答プロセス>

『人物日本新聞史』(近盛晴嘉 新人物往来社 1970)p.45より部分抜粋「(前略)(新聞記者)第三号は、彦のあと、横浜の英国領事館付き宣教師ベーリーBuckworth Baily が慶應三年にだした『万国新聞紙』の大槻文彦であった。(後略)」

また、『明治初年の在留外人人名録』(寺岡書洞 1978 明治初期歴史文献資料集 第三集別冊)『Japan Herald Directory and Hong List for Yokohaka 1870』の記述を回答とする。

 

<参考資料>

『人物日本新聞史』(近盛晴嘉 新人物往来社 1970)

『明治初年の在留外人人名録』(寺岡書洞 1978 明治初期歴史文献資料集 第三集別冊)

 

<回答日>

2005/2/22

 

↑目次にもどる

ご利用にあたって

■レファレンス事例は、質問者のニーズ、サービス提供時の状況によって回答内容が異なる場合があります。事例はあくまで過去のサービスの記録であり、新しい情報源の登場により、内容必ずしも適切でなくなることもあります。ご利用にあたっては、この性格を十分にご理解いただいた上で、有効にご活用ください。

※なお、この「レファレンス事例集」について無断転載はご遠慮ください。この事例集へのリンクを貼ることおよび図書館等でプリントアウトし活用することについて許諾は不要です。

レファレンス協同データベースの紹介

宮城県図書館のレファレンス事例は国立国会図書館レファレンス協同データベースにも登録しておりますのでご利用ください。次の検索窓から検索していただくこともできます。

レファレンス協同データベースは、全国の公共図書館・大学図書館・専門図書館等と協同で構築しているレファレンス事例のデータベースです。

宮城県図書館提供事例をフリーワードで探す(キーワードを入力しない場合は一覧表示されます)

※検索結果以降はレファレンス協同データベース内に遷移します。宮城県図書館のサイトに移動したい場合は、お使いのブラウザの「戻る」ボタンをご使用ください。

宮城県図書館

〒981-3205

宮城県仙台市泉区紫山1-1-1

TEL:022-377-8441(代表) 

FAX:022-377-8484

kikaku(at)library.pref.miyagi.jp ※(at)は半角記号の@に置き換えてください。