第7号(2009年7月15日号)

目次

「ため口」ということばの語源

<質問>

「ため口」ということばの語源を知りたい。

 

<回答>

「ため」とは博打用語で同目のこと。転じて「五分五分」→「対等」「同年」などの意味になった。そこから対等なことばづかいや親しくないのになれなれしく話すことをいうようになった。

 

<回答プロセス>

ため口は若者言葉で「ため語」とも言う。「ため口」で辞書を引いても意味しか載っていないことがあるが、「ため」で調べるともとは博打用語が語源であることが分かった。

 

<参考資料>

『日本俗語大辞典』(米川明彦 東京堂出版 2003)

『広辞苑』第5版(岩波書店 1998)

 

<回答日>

2005/12/28

 

↑目次にもどる

バンジージャンプの起源や風習について

<質問>

バンジージャンプの起源や風習について知りたい。

 

<回答>

バヌアツ共和国ペンテコスト島の伝統儀式で行われる空中ダイブ「ナンゴル」がルーツのひとつと言われる。(「地球体験紀行」39 バンジージャンプ(『河北新報』2003.10.1)『世界のスポーツ』5(友添秀則 学研 2005)より。)

 

<回答プロセス>

スポーツ、ニュースポーツおよび雑誌記事のデータベース、KD(河北新報データベース)で検索したところ、資料がみつかった。「地球体験紀行」に記事は現地で「ナンゴル」の様子を取材したもの。『世界のスポーツ』は子ども向けの資料だが、ルーツに関する逸話がある。

 

<参考資料>

『河北新報』2003.10.1

『世界のスポーツ』5(友添秀則 学研 2005)

 

<回答日>

2005/12/28

 

↑目次にもどる

ご利用にあたって

■レファレンス事例は、質問者のニーズ、サービス提供時の状況によって回答内容が異なる場合があります。事例はあくまで過去のサービスの記録であり、新しい情報源の登場により、内容必ずしも適切でなくなることもあります。ご利用にあたっては、この性格を十分にご理解いただいた上で、有効にご活用ください。

※なお、この「レファレンス事例集」について無断転載はご遠慮ください。この事例集へのリンクを貼ることおよび図書館等でプリントアウトし活用することについて許諾は不要です。

レファレンス協同データベースの紹介

宮城県図書館のレファレンス事例は国立国会図書館レファレンス協同データベースにも登録しておりますのでご利用ください。次の検索窓から検索していただくこともできます。

レファレンス協同データベースは、全国の公共図書館・大学図書館・専門図書館等と協同で構築しているレファレンス事例のデータベースです。

宮城県図書館提供事例をフリーワードで探す(キーワードを入力しない場合は一覧表示されます)

※検索結果以降はレファレンス協同データベース内に遷移します。宮城県図書館のサイトに移動したい場合は、お使いのブラウザの「戻る」ボタンをご使用ください。

宮城県図書館

〒981-3205

宮城県仙台市泉区紫山1-1-1

TEL:022-377-8441(代表) 

FAX:022-377-8484

kikaku(at)library.pref.miyagi.jp ※(at)は半角記号の@に置き換えてください。