第6号(2009年6月30日号)

目次

親切はなぜ親を切ると書く

<質問>

親切はなぜ親を切ると書くのか。

 

<回答>

もともとは「深切」。「切」には「ねんごろに」という意味がある。

 

<回答プロセス>

『新明解漢和辞典』には「正しくは深切」とある。『日本国語大辞典』には「『日葡辞書』の訳語は現在の『親切』にあたるが『フカイタイセツ』とあるので表記は『深切』であったと考えられる」とある。

 

<参考資料>

『新明解漢和辞典』(長沢 規矩也 三省堂 1991)

『日本国語大辞典』(小学館 2001)

 

<回答日>

2005/12/28

 

↑目次にもどる

大名行列「下に、下に」

<質問>

参勤交代時の大名行列で「下に、下に」と先導の者が掛け声をかけたことになっているが、全大名がそうしたのか。一日に進む距離から考えるとむずかしいのではないか。

 

<回答>

大名による違いではないが、全行程で声をかけていたのではなく、通行区間によって「下に」の声をかけて歩く場所が決まっていた。

 

<回答プロセス>

『参勤交代道中記』p.102「行列は道中を常に「下ニイ」(「下に居まっせえ」)の警蹕の声と共に、歩調を整え整然と進んでいた訳ではない。野間では鎗を肩にかけ、隊伍を崩して気楽で自由な足取りになった。(中略)しかし、大きな宿場や要衝の場所にある宿場、城下、関所などを通る時は、「行列を建てる」と言って警蹕の声と共に、乱していた隊形を整え、笠は被り直し、足並みを揃え、騎馬の定位置にいる士は騎乗し、肩にかけていた鎗を立てた。」
『ビジュアル・ワイド江戸時代館』pp.68-69「このようなときの行列の本隊には、武士なら蹲踞、百姓・町民なら土下座する必要があった。参勤の道中は、他藩の領地を通行することになる。そのため、その地の領主に挨拶をしたり、領主からねぎらいの使者がきたりする。道中でも、江戸と同様の社交が繰り広げられていたのである。」

 

<参考資料>

『大名と旗本の暮らし』(平井聖 学研 2000)

『ビジュアル・ワイド江戸時代館』(小学館 2002)

『参勤交代道中記』(忠田敏男 平凡社 2003)

 

<回答日>

2005/12/28

 

↑目次にもどる

ご利用にあたって

■レファレンス事例は、質問者のニーズ、サービス提供時の状況によって回答内容が異なる場合があります。事例はあくまで過去のサービスの記録であり、新しい情報源の登場により、内容必ずしも適切でなくなることもあります。ご利用にあたっては、この性格を十分にご理解いただいた上で、有効にご活用ください。

※なお、この「レファレンス事例集」について無断転載はご遠慮ください。この事例集へのリンクを貼ることおよび図書館等でプリントアウトし活用することについて許諾は不要です。

レファレンス協同データベースの紹介

宮城県図書館のレファレンス事例は国立国会図書館レファレンス協同データベースにも登録しておりますのでご利用ください。次の検索窓から検索していただくこともできます。

レファレンス協同データベースは、全国の公共図書館・大学図書館・専門図書館等と協同で構築しているレファレンス事例のデータベースです。

宮城県図書館提供事例をフリーワードで探す(キーワードを入力しない場合は一覧表示されます)

※検索結果以降はレファレンス協同データベース内に遷移します。宮城県図書館のサイトに移動したい場合は、お使いのブラウザの「戻る」ボタンをご使用ください。

宮城県図書館

〒981-3205

宮城県仙台市泉区紫山1-1-1

TEL:022-377-8441(代表) 

FAX:022-377-8484

kikaku(at)library.pref.miyagi.jp ※(at)は半角記号の@に置き換えてください。